Site Map

LITTLE MISS SUNSHINE       (オススメDVD)

オススメDVDのご紹介です。

作品名はLITTLE MISS SUNSHINE (リトル⋆ミス⋆サンシャイン)

監督はジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫婦ペア

アメリカではミュージックビデオ制作ではよく知られていて、オアシス・レッド・ホット・チリ・ペッパー・ビースティ・ボーイズ・R.E.Mなどのミュージックビデオを制作しています。

この作品が映画監督デビューですが世界的に評価を得、第79回アカデミー賞では作品賞を含む

4部門でノミネートされ

脚本賞(マイケル・アートン)と助演男優賞(アラン・アーキン)を二部門受賞しました。

ストーリーは「家族」をテーマに描かれたコメディ映画で、それぞれの問題を抱える主役、

五人の演技が光ます。

笑いもありながらメーセージがある作品になっており、家族を愛すこと、人生を楽しむこと、

夢を持ちやりたいことに挑戦すること(勇気を持って)大事さを感じさせせられました。

お父さん役(リチャード)がよく使う言葉で勝ち馬と負け犬この言葉には

凄く考えさせられました。

映画の中では勝ち馬とはたとえ結果はどうであれ精一杯挑戦する人間、負け犬とは負けるのが

怖くて挑戦しない人間と表現していました。

私も今、自分ができること、やってみたいことを少しずつでも楽しみながら

(楽しみながらがやることが凄く大事だと私は思います。)

挑戦し行動が新しい世界を作り

中でも人とのいい出会いが今後の人生でかけがえのないものに

なっていくと私は信じています。

それとこの作品に大事で欠かせないのが六人目の家族といってもいい

フォルクスワーゲンT2マイクロバスです。

この作品ではオンボロで問題点のある車で登場します。(笑)

黄色と白の配色が素敵で可愛い車です。

純粋に面白い映画ですので是非見てくださいオススメですよ~。

オーダーメイドスーツ専門店 ANTELLIGENT 山崎 智之

IMG_3755

 

2014年8月31日DVD

ゲンスブールと女たち(オススメDVD)

オススメDVDのご紹介です。

作品名は「ゲンスブールと女たち(フランス)」

ゲンスブール

セルジュ・ゲンスブールとは酒と煙草、音楽と自由をこよなく愛し、作詞家、作曲家、

シンガー、映画監督、俳優、画家と

マルチな顔を持った、稀代の天才アーティストです。(1991年没)

彼はロシアからフランスへ移民したユダヤ人家庭に生まれ「ユダヤ人で醜男」というコンプレックスを抱えながらも数多の美女を虜にしたフランスきっての伊達男。

フランス・ギャル、ブリジット・バルドー、ジュリエット・グレコ、ジェーン・バーキン、

ヴァネッサ・パラディら美女たちに曲を提供し

ハンサムとは言えない風貌ながらも独特のダンディズムで数々の女性たちに愛されました。

彼の死後も今なお世界中の多くのアーティストたちに影響を与えるカリスマです。

ファッションブランド バルマンは2014S/Sでセルジュ・ゲンスブールのスタイルに

インスピレーションを受けリラクシングに表現していました。

かなりかっこいいですよ。 FASHION PRESS (BALMAIN HOMME)

また、物語以外の見どころは彼のファッションスタイルや自宅のインテリアなども

お洒落ですのでぜひ見たいと思った方はその辺りも注意深く見るとおもしろいですよ。

ゲンスブールの華麗にして破天荒な人生、醜男というコンプレックスや

様々な苦悩を持ちながらもモテ男としての生き様を勉強させられる映画でした。

オーダーメイドスーツ専門店 ANTELLIGENT 山崎 智之

 

 

 

 

2014年8月24日DVD

多摩動物公園 (気分転換の大事さ)

盆休み中に多摩動物公園に行ってきました。

多摩動物公園は東京都日野市にある動物園です。

多摩動物園と呼ばれることも多く、恩賜上野動物園と並び日本有数の動物園。

東京に上京して12年が経つのに多摩動物公園があるのをここ最近で知りました。(笑)

アクセスは新宿から京王線(特急か準特急電車)で揺られること約40分~50分くらい

(高幡不動駅で多摩動物公園行きに乗り換えて1駅。)

高幡不動駅で乗り換えの時、何ともいえない可愛い癒しの電車が待ち構えていました。

この電車で多摩動物公園駅に向かいます。

周りにいた子供たちはワクワクし興奮した顔をしていました。

自分が子供の頃を思い出させてくれますね。

大人になっても子供達のようなワクワク感を常に探して仕事やプライべートの方も楽しんで行くことにより日々が充実していくと私は思ってますのでさらに取り組んで行きたいと思います。

(子供は純粋なので子供から学ぶことは沢山ありますね)

さて多摩動物公園駅に着くと子供はもちろん大人もワクワクするモノ達が待ち構えていました。

(イラストが凄く可愛いかったです。)

 

日々クリエイティブな仕事をしてると思われがちですが実はすごく地味でコツコツやる仕事なのでストレスも時には溜まりますので、

自然の中で動物に癒され気分転換(一瞬服の事をわ忘れ)することにより、心も体も休まり、また明日からお客様にいいものを提案する為の力が湧いてきます。

皆様も時には子供の気持ちになり純粋に楽しめる動物園はいかがでしょうか

すごく楽しい場所でしたよ。

 

2014年8月16日ブログ

有田焼ビアグラス        (日々日常に不可価値を)

 誰もが一度は聞いたことがある有田焼のビアグラスを購入。

有田焼(ありたやき)は、佐賀県有田町を中心に焼かれる陶器であります。

その積み出しが伊万里港からなされていたことにより、「伊万里(いまり)」とも呼ばれています。

1977年(昭和52年)10月14日に経済産業大臣指定伝統工芸品に指定にされ日本が誇る

伝統工芸の一つでもあります。

このビアグラスを見つけた瞬間に一目惚れ。

全体に輝くシルバーが高貴な印象を与え私の目から離れませんでした。

私の好きな職人技が詰まった味がグラスから溢れでています。

このグラスを手に取り、このグラスにビールを入れて飲んでいる姿を想像。

やはりいつもとは違う格別なビールが味わえてる姿が。

缶ビールのまま飲むのも嫌いではないですが、日々日常の中に自分が気に入ったものを取り入れる事でものに対する価値や思いが生まれ

日々日常に付加価値を与え楽しいことがふえてくるはずです。

ぜひ自分自身が好きなもの、気に入ったものを少しずつ取り入れていく生活にシフトしてみてはいかがでしょうか

有田焼

 

 

2014年8月10日ブログ

サロン・ド・テ・アンジェリーナ×モンブラン×ココ・シャネル

1903年創業のパリ老舗サロン・ド・デ・アンジェリーナのモンブランを貰い頂きました。

このお店はパリに本店を構え日本の直営店舗はプランタン銀座のみで展開しています。

20世紀初頭の良き時代、パリの上流階級の人たちに愛され優雅にお茶を楽しまれていたそうです。

また、作家のマルセル・プルーストや、ココ・シャネルをはじめとする

パリのオートクチュール・ デザイナーたちにも愛されていました。

以来一世紀以上にも渡り、パリの社交界や流行の先端をゆくアーティストたちに支持され、

パリ・グルメの 名所として、世界中から観光客が訪れるサロンになっています。

味の方は私が今まで食べたことがあり知っているモンブランではありませんでした。

濃厚なマロンペーストと生クリームがすごく口の中で広がる甘さが上品で上流階級の方が優雅な時間を味わっていたのが頷けました。

最後は土台のメレンゲと一緒にマロンペースト&生クリームを一緒に合わせて食べると美味しいです。

ぜひ、銀座に寄った際は行って優雅な時間を味わってみてください。オススメです。

しかしお店は混んでることが多いので待つのが苦手な方はテイクアウトを。

個人的には今後パリに行く機会あればパリの本店にも行って本場の味と雰囲気を味わいたいです。

アンジェリーナのモンブラン

プランタン銀座 アンジェリーナ

アンジェリーナ パリ本店

2014年8月7日ブログ

オーダーメイドスーツ制作

今晩は。

オーダーメイドスーツ専門店 ANTELLIGENTの山崎です。

以前、オーダーメイドスーツをご注文下さいましたS様のスーツが出来上がりました。

S様がアトリエにご来店。ご試着をして頂き、人生初のオーダーの世界を味わって頂きました。

S様の特徴は180㎝を超える長身で上半身は細いのに対しスポーツをしていた為

ヒップがウエストに対して極端に太く既製服ではピッタリに近いサイズを探すのは至難です。

男女とも体型は1人1人様々です。

いかり肩やなで肩、猫背、ウエストとヒップのバランスなどいろいろ問題点はあります。

私たちはお客様とのコミュニケーションを一番大事にしています。

お互いのことを理解した上でどのようなものを提案すべきかを考えています。

より体にフィットしたものを着る事により内面から輝きがと自信が増し、それが外見にも反映しカッコいい男らしさが自然と出る

と思っています。

(服装をみてる女性はかなり多いので内面と同時に外見も重要です=印象)

それが仕事にも影響し、いい結果が生まれたりすることもあるはずですので。

(商談がうまくいったり、プレゼンがうまく出来たりなど)

既製服ではサイズが合わない方、新しい印象でカッコよくなりたい方、どんな些細なことでも構いませんのでご相談していただければと思います。

オーダーメイドに関する詳細&お問い合わせ

ぜひ新しい世界を体感してはいかがでしょうか。

(写真はS様ご本人です。)

    

 

 

2014年8月3日オーダー制作
トップへ戻る