Site Map

注目の新生バンド the vamps

今、日本でも話題沸騰中のイギリス出身の4人組ポップ・ロック・バンド、

The Vamps(ザ・ヴァンプス)をご紹介したいと思います。

彼らを知ったのは半年前,たまたまYou Tubeで発見。

歌を聞いた瞬間にビビッと私の中の感性に反応。

それ以来すごくはまっています。

そんな彼らが明日、日本に初来日。

彼らは今の時代に相応しいソーシャルメディアによる夢の実現です。それぞれ英国内の異なる地域出身で、YouTubeにアップした宅録デモを介して仲間となったティーンエイジャーのミュージシャン4人。彼らの目標は、チャート征服を果たしているワン・ダイレクションやテイラー・スウィフト、ブルーノ・マーズといったアーティストのポップ・ヒット・ナンバーを、アコースティック・ギター主体でパンキッシュにカヴァーして次々とネットにアップロードし、その後アリーナを揺るがすようなアンセムが詰まった自身のアルバムをリリースすること。YouTubeで公開した彼らの動画視聴回数は計2,800万回を超え、それを受けてリリースしたデビュー・シングルは全英2位を記録。

近頃ポップ・レーダーの警報音は、このUK発の4人組のせいで鳴りっぱなしである。

しかし、これはほんの序の口でしかない。常時チャートを賑わせている大物マクフライのサポートとしてツアーを回りながら、彼ら4人 —— ヴォーカル担当のブラッドリー・ウィル・シンプソン(Bradley Will Simpson)、ギター担当のジェイムズ・マクヴェイ(James McVey)、ドラムス担当のトリスタン・エヴァンズ(Tristan Evans)、そしてベース担当のコナー・ボール(Connor Ball )—— は新規ファンを獲得、インターネット上でも膨大な数の支持者を増やし続けてきた。彼らの公式YouTubeチャンネルの登録者数は約50万人、ツイッターのフォロワーは45万人、Facebookでは25万「いいね!」を突破しているそうです。

すごく勢いのある新生ポップ・ロック・バンドの今後の活動を注目しています。

102500534227344245377746478233079245598667n

2014年5月29日ブログ
トップへ戻る